2009年06月09日

ユカリ 由香里 第5章  デート 

  喫茶パッションの席についたのは、約束の6時より20分も早かった。
  水入りのグラスに何度も口をつけているうち、氷だけになった。それを手でからからとやっていると、ウェイトレスが水を注ぎ足しにやってきた。彼女もやってきた。6時から3分ほどすぎている。
  ベージュのスーツ姿。短めの髪に、やや切れ長の目。遠田美智子はちょっと息を弾ませていた。
 「ごめんなさい。すこし遅れちゃって。でも残りの今日の仕事は後輩にまかせちゃったわ」
  わずか数分の遅れなのに、すまないと思っているのだ。
 「ぼくはアイスコーヒー。遠田さんは?」
 「私もそれで」
 「アイスコーヒー二つですね」
 ウェイトレスは感情のない人形のような顔で、そそくさとペンを走らせ、卓上の、短い透明な筒に紙片をまるめこんだ。
 「話は青池さんから聞いたよ」
 「杏子、何て…?」
  二人の会話が始まった。
 ユカリのこと、親友の死、文学部めざして宅浪していること、住んでいる町田のこと、ぼくはいろいろと話した。
 遠田さんは高校を卒業後、『北光信用金庫』 に勤めていた。高校時代はバレー部のセッターであり、2年生からレギュラーだった。信金では窓口係をやっていて、「その日の集計で1円でも狂いが出ると帰れなくなる」と、彼女は言う。
 きのうぼくは夜の9時すぎに電話したのだが、「家に帰ったばかり」だとのこと。
 彼女は高校時代からすると、垢抜けていた。
 おとといのクラス会でも印象の変わった女の子が多かったように、彼女も大人びていたし、きれいになっていた。
 「きょう、会社に杏子から電話かかってきてね。二次会で一曲歌ったんだって?」
 「うん、誰も聞いてなかったようだけど」
 ぼくが頭を掻くと、彼女はぷっと吹き出した。
 啓にぶちあげたようなカタい話は、ここには似合わなかった。大事なのは、「これから二人はどうしたい」ということだった。
 「浪人中だし、近々あっちに戻らないと」
 言いたくはなかった。しかし言わないわけにはいかなかった。
 「そうなのよねえ」
 と、彼女は両手でこぶしを作って、頬杖をついた。
タグ:トキメキ
posted by はむじの書斎 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 連載小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121146853
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。