2009年01月31日

アディクション 第1章

 このボロアパート(家賃2万8千円)に移ってから三年とすこしはまったくパチンコ屋に行っていない。だが、「病気」の根は完治することがない と、主治医のT先生からは言われている。先生のいる「精神保健センター」にはもう1年以上顔を出してないだろうか。しかし今はギャンブルを止めつづけられている。
 それは三十歳前後がいちばんひどかったろうか。
 当時は出版社の広告営業で外勤が多く、はじめのうちは「ついで」だった。だがその会社を辞める4、5か月前は朝から夕方なんてこともあった。
posted by はむじの書斎 at 16:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

つれづれなるままに

 統合失調症を患ってます。はむたろうです。
 病気があるので、保険にも満足に入れません。
 老後の心配、始めました。このままだと「自滅」の二文字だから。
 政治家も官僚も口では美しいことを言います。
 道端にウンコがあるとします。彼らは間違ってもそれを踏もうとしません。汚いものを踏まねば「改革」なんておぼつかないのに。言い換えれば、泥をかぶる勇気がなければこれから、政治家にも官僚にもなってはいけない。
 上級公務員の「わたり」にしても、そんなものは十数年前に全廃されて然るべきです。学力と偏差値に裏打ちされた人ほど、有害な人はいない。
タグ:心の病
posted by はむじの書斎 at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

うぞうむぞう

 おまえら クスリやハッパでラリッてんじゃねえ!
 エリを正さんかエリを。
 恋に恋して、恋に泣くのか。
 逃げ口上作るなよ。今日びの若者どもよ。
 以上、宣戦布告猫
posted by はむじの書斎 at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

アディクション・・本編

 アディクション・・本編

 第1章  矢富健一の場合

 身分  フリーター
 性別  男
 年齢  三十代後半

 いくぶん長い自己紹介になる。
 現在札幌市に住む俺には金がない、それどころか借金がある。
 三年前に両親のもとからボロアパートに移った。ここまで来るには幾多の紆余曲折があった。今は自宅近くのケーキ工場でバイト中だが、それまでは小さな出版社で「グルメガイド」や「温泉情報誌」の広告営業などをしていた。
 結婚するチャンスは二度あった。しかし、一度目はギャンブルが元の借金を返すためにA子から数万円拝借したのを機に別れ、二度目はK子と付きあっていた期間中、行方をくらまして最後には「もうついていけない」で幕となった。失踪してパチスロに嵌りっ放しになっていた。
 だから俺はギャンブル中毒者。それも病的ギャンブラー。
タグ:依存症
posted by はむじの書斎 at 20:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アディクションの掲載に関して

 いよいよ本編の掲載です。これからはまったく自分自身の描写です。主人公の名前と年齢は架空です。数時間ください。それから書きます。 
タグ:依存症
posted by はむじの書斎 at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

アディクション

 プロローグの続き
 また、各種依存症を裡(うち)にかかえる人が、男女どちらでも子をもつ親になったとする。すると、生まれた子の三人にひとりは何らかの依存症になることもわかっていて、質の悪いこの「病気」は遺伝もするのだ。
 人はなぜ必要最小限度で生きられない?
空気、水、食料、それから棲家、着るものがあればいいのに。
 しかし、人間には欲がある。金欲、物欲、名誉欲、性欲、食欲・・。 必要最小限度にプラスして、歳を追うごとにしがらみも増え、同時に世俗の「垢」をたくさん纏いたがる。そのひとつが病的依存のケースだ。
 年を重ねるということは、童心を忘れていくことなのだろうか?

プロローグのおわり   
タグ:創作活動
posted by はむじの書斎 at 20:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それで、最新作

  アディクション(嗜癖/しへき)

 プロローグ

 酒・薬物・ギャンブル・タバコ・異性・買い物・仕事・・・。
 これらはみな、人間たちを中毒へ誘う要素をもっている。
 空気、水、食料は必要不可欠なものだが、各中毒者は筆頭に挙げたようなさまざまな習慣に首までどっぷり浸からないと生きてゆけない。また、それらを故意に中毒者から取り上げたり、無理に引き剝がそうとした場合、当人らは自殺企図したり、思いもよらぬ行動に走る場合があるのだ。
 酒に対する依存には、断酒会やAA(アルコホリック・アノニマス)といった自助グループがあり、数人から数十人単位で集会し、自らの体験談・失敗談を分かちあうグループセラピーを通じ、個々の回復を図ろうと日夜動いている。          
                             つづく
タグ:創作
posted by はむじの書斎 at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

自作の小説 最新作

 ギャンブル依存をテーマに
小説を書きました。ですが、この書き出しをファンからのメッセージ箱に入れてしまい雪・・・
posted by はむじの書斎 at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

永遠の孤独に打ち勝つ方法あんのか?

わをををーっ
 叫びでした
タグ:ちらり
posted by はむじの書斎 at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

妄想

 ブギャースブギャース
posted by はむじの書斎 at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。